【時間】

物理学における最大の謎のひとつ。

 

物理学の使命は、過去に基づいて、

未来がどうなるか、どう変えられるかを理解すること。

過去、未来、・・・物理学は時間の概念を前提にしている。

 

時間ってなんだろう?

 

時間と空間はすごく似ている。

 

空間が3次元だとして(←本当にそうかな?)

時間を4つ目の次元として扱うと、

数学的には都合がよくて、美しい運動方程式がかける。

 

でも時間と空間は全然違う。

 

アインシュタインの相対性理論は

時間と空間を時空という一つの概念にまとめた。

腰抜かすようなパラダイム・シフト。

 

時の刻みが一定でないなんて

この宇宙はなんてとんでもない世界。

 

刻み方が一定でないとしても、進む方向は今のところ一定。

それはエントロピーが増大する方向。

 

でも、そう言い切るのはまだ早い。

宇宙は熱的死を迎えるのか?

わからないことが多すぎる。

ぜんぜんわからない。

 

宇宙は大きすぎる。

浪漫が膨大すぎる。

 

視点を人間個人に向けると、

この時間の使い方が、未来を決める。

 

未来は今。

 

望む未来が手に入るような時間の使い方をしているだろうか?

 

137憶年のうちの、ほんの瞬く間。

コントロールするのは私。