【アインシュタインの宇宙項】

アインシュタインの重力場の方程式。

物質があれば時空がゆがむ。

その歪みが、重力の正体。

 

宇宙のすがたは、重力の強さによって決まる。

 

当時の常識だった

“宇宙は過去から未来永劫変わらない、定常的なもの”

という前提で方程式を解くと、

宇宙は星やガスの重力によっていずれ縮んで潰れる

という解が得られる。

 

困ったアインシュタインが導入したのが「宇宙項」。

宇宙には、重力を跳ね返す力があるのだろうと。

 

 

しかし、ハッブルの観測によって

宇宙が膨張していることが明らかになった。

 

“定常的”という前提は崩れ

宇宙はダイナミックに膨張するものだった。

 

重力場の方程式は、

“膨張する宇宙”

という前提で解けば正しかったのだ。

 

「宇宙項をいれたことは、わが生涯最大の誤り」

と言ってアインシュタインはこの世を去ったけれど

 

 

さて、宇宙項は謝りだったのか?

 

 

観測がすすみ、

宇宙の膨張速度が加速していることがわかった。

宇宙をどんどん膨張させるエネルギーとはいったい何だろう?

科学者たちが“暗黒エネルギー”と名付けたそれを表すには、

宇宙項が必要だ。

 

さらに、宇宙の始まりをよくよく考えると

火の玉(ビッグバン)だったさらにその前に、

真空エネルギーによる急膨張があったと考えられ、

この真空エネルギーがあるという前提で方程式を解くと、

宇宙項が現れる。

 

現在の加速膨張と、宇宙初期の急膨張。

謎の暗黒エネルギーと、宇宙創成の真空エネルギー。

 

 

宇宙項は、確かにあるようだ。

アインシュタインが生きていたら何て言っただろう?

 

 

宇宙は今後も膨張を続けていくのか、

収縮に転じるのか、

膨張してはじけて終わるのか。

その答えには宇宙項が大きく関わっている。

 

 

アインシュタインの宇宙項。

 

 

およそ100年の時を経て

科学者から科学者へ引き継がれた宿題。

 

英知が紡がれていく。