【星の王子様によせて】

「本当に大切なものは、目に見えないんだよ」

 

この世界は本当に不思議なところだから。

 

目に見えるものはほんのわずかで

望遠鏡とか顕微鏡とか駆使しても

全部は見えない。

 

それでも、

ここまで「見える」ようになった科学技術の発展に

心から敬意を表すとともに

今後の進化をとても楽しみにしているけれど

 

だけど、見えない世界がある。

 

E=mc2

 

なぜ、質量がエネルギーなのか?

 

静止している重たい粒子のエネルギーは

どこにある?

 

それはもしかしたら、

 

異次元に??

 

 

私たちの目には見えない異次元方向に

粒子はたくさん動いていて

 

でもその動き=運動エネルギーは

私たちの目には見えないから

 

私たちには"重い"質量として映るのかもしれない。

 

 

「心で見なくちゃ、ものごとはよく見えないんだ」

 

心は、異次元?

精神や思考のエネルギーは、異次元にあったりして。

目には見えないけれど、

心で感じることができる世界。

 

ものすごく思考している人は

立ち止まっているように見えても

実は異次元方向にものすごいエネルギーで動いていて

 

そのエネルギーが

私たちの目に見える4次元時空に運ばれてきたとき

 

すごい結果を作るのかもしれない。

 

異次元のものすごいエネルギー=心は

「本当に大切なもの」だとして、

 

だけどこの4次元時空に表れなければ

目には見えないから、

 

異次元のエネルギーを

この4次元時空で実現するには

 

この4次元時空での法則に従う、

つまり、実際やってみることが重要、だと。

 

だけど心を忘れるとものごとがよく見えないから

異次元と4次元のバランスが重要なんだと思う。

 

 

なんて、

サン・テグジュペリの伝えたかったメッセージは

ちょっと違うだろうけどね。