【ぬくもりを感じられるのは】

私たちは皆、原子でできていて

 

その原子というのは、原子核と電子からできていて

中心に原子核があって、その周りに電子がいるのだけど

原子の大きさに対して、原子核は10万分の1くらい。

 

たとえば原子が4畳半の部屋の大きさだとしたら

原子核は髪の毛の太さより小さい。

 

つまり私たちは、ほとんどすかすか。

 

 

なのに握手をしたり、触れたりできるのは

原子の周りに漂っている電子同士が反発する

電磁気力があるからで

 

電子が原子の表面を覆うことができるのは

電子が波の性質を持っているから。

 

 

そうでなければ、

握手することはおろか、

世界はこうなってはいなかったんだろう。

 

 

人と人が触れる=ぬくもり、から思い出すのは

 

「風に舞い上がるビニールシート/森絵都」

もうずっと前に読んだので、うろ覚えだけど

 

難民支援機関に勤める男が

戦地で身を挺して少女を暴漢から守り

命を落として

 

少女を抱きしめながら死んでいった男について

 

「彼はきっと、最期に人のぬくもりを感じていたんです」

というセリフ。

 

世界の悲しみを闘い続けた彼が

最期に何を思ったか、

 

人を抱きしめたときのぬくもりを通じて

何を得たのか、

 

ものすごく想像力を掻き立てられるのだけど

 

 

抱きしめるという行為、

そこから感じる「触れている」実感は、

電子の反発力がもたらしているわけで

 

ぬくもりを感じることと

ミクロの世界の出来事との関連を思う。

 

だけど、感情や意識のことを考えると、

反発力だけではなくて

 

波であること、ひょっとすると異次元のこととか

他にも何か秘密があるんだろうなと思う。

 

 

計り知れないものを秘めた人体の不思議。