【Negative is bad?】

ネガティブな感情。

「私ってだめだな」とか「私はできない」とか

浮かんでくることは

人間なら誰でもあるのではないかと思う。

 

そして

がんばる人ほど

「後ろ向きなことを思っちゃだめ」とか

「ポジティブ変換しよう」とか

がんばるのだけど

 

湧いてくる感情は止めようがないから

無理に押さえつけるのは結構つらかったりする。

 

ではどうするか?

それは宇宙が教えてくれることで

 

 

物質には反物質がある。

たとえば、電子と陽電子。陽子と反陽子。

 

物質と反物質のペアは光から生まれ

物質と反物質が出会うと、消滅して光となる。

 

物質=ポジティブ、反物質=ネガティブとして

ちょっと考えてみる。

 

 

反物質を消したいと思ったら

無理矢理見えないところに閉じ込めても

反物質は消えてなくなるわけではないから、

それとペアになる物質を当てればいいのだけど

 

そのためには、

まずその反物質がどんなやつなのか?

質量は?電荷は?スピンは?

とことん反物質について理解してから、

それとペアを成す物質を準備する。

 

見えないところに閉じ込めるのではなく、

特性を理解する。

 

それで、ペアとなる物質をあてれば

反物質と物質は光となって消える。

 

 

めでたしめでたし・・・と思いきや

 

あれ?物質もなくなってしまったね、と。

これでは何もない、物質もない世界となってしまう。

 

 

物質に満ちたこの世界はどうやってできたのか。

 

そこがこの宇宙のすごいところで、

物質と反物質がペアになって消滅する過程で

実は10億のうち1くらい、物質の方が余ることがある。

 

10億のペアが消滅していくなかで

いつの間にか反物質が1つ足りなくなっている。

 

 

光から始まった宇宙は

こうして物質でできた今の世界になったという。

“対称性の破れ”というやつで

物質と反物質は、必ずしも1:1にはならないということ。

その差はおよそ10億分の1。

 

 

ポジティブとネガティブの感情の話に戻ると

 

ポジティブだけ、なんてことはあり得なくて

10億のネガティブと10億のポジティブがあって

やっと1つのポジティブが残る。

 

ネガティブがなければポジティブも生まれない。

 

 

ネガティブな気持ちになったら

まずそれがあることを認めて、

よく観察して、味わって、理解して

それからそれに合うポジティブをあてがって

 

それを10億回、20億回・・・と繰り返していくうちに

ポジティブが身についてくる。

 

 

宇宙の中では今でも反物質が生じることがある。

どんなときも、ネガティブが無いことなんてない。

 

 

なんて思えば、ネガティブもそう悪くないな、と。