【不確かな未来】

この世界には法則がある。

 

リンゴは木から落ちるし

スイッチを押せば電気がつく。

 

だけど計算できるものは

計算できないものに比べてほんのわずかしかなくて

 

法則がわかっていても

つまり

次がどうなるか、その次はどうなるか

因果的に決まっていて、

そこに秩序が存在していても

 

ほとんどのことは、全く予測ができない。

解がわからない。

カオス。

 

 

秩序だった予測可能な世界において

蝶の羽がひとたび揺れれば

そこはもう、予測不可能な世界。

 

この先どうなるのか誰にもわからない。

 

未来はいつも不確かで

解が知りたければやってみるしかなくて

わかったときには過去になっている。

 

 

ミクロに見てもマクロに見ても

不確かでしかない未来。

 

けれど

予測はできなくても

法則が破られることはないから

 

この不確かな未来においては

きっと「明確な意志」が拠り所になる。

進むべき方向を見据えて、やってみる。

その積み重ね。

 

それは興奮冷めやらぬ世界。