【月】

2020年4月8日、スーパームーン。

月と地球の距離が最も近くなる、かつ、満月。

綺麗。

 

 

月は地球にとって

夜空に最も大きく見える星で

その光は古来より人々の心に

世界の美しさ、夜の美しさを教えてくれる。

 

知らず知らずのうちに影響している引力。

 

地球にその裏側を見せない

 

不思議な星。

 

 

自ら光を放つでもなく

ただの岩の塊ともいえるけれど

 

昼間の太陽の燦燦とした光が

夜には月の反射となって地球に届くことで

多くの情緒が育まれてきた。

 

 

太陽の大きさの400分の1しかない月。

月と地球の距離も、太陽と地球の距離の400分の1

 

という驚くような一致があり

地球からは太陽と月は同じ大きさに見えるという、

月の存在感。

 

それによって起こる皆既日食が、

圧倒的な神を感じさせること。

 

 

月面のクレーターは、

月の誕生後、無数の隕石が降り注いだゆえだという。

 

ツルっとした無地ではなく

模様があることで

人間はどれだけの想像力を掻き立てられてきたか。

 

 

かつての火山活動により

黒い玄武岩で覆われた暗く見える部分は

「海」と呼ばれる。

 

「静かの海」は、

アポロ11号の月着陸船が着陸したところ。

 

大気に守られることなく

太陽にさらされた星条旗は今、

どうなっているだろう?

 

素材はレーヨンだというから、

推して知るべし・・・??

 

 

月に降り立つって、すごいなと

スーパームーンといえど

手のひらで隠せるくらいの月を見ながら

想像して震える。