【Stay Home 雑記#1】

外出自粛となって

私の周りでまず話題になったのは

17世紀のペスト流行下のニュートン。

 

最も打撃を受けたロンドンにて

大学が2年間休校となったため

彼は故郷において思索に没頭する時間を得る。

 

後に「創造的休暇」と呼んだその期間中、

 

万有引力の法則

流率法(微分積分学)

プリズムによる分光実験

 

ニュートンの三大業績とされるこれらを

成し遂げている。

 

 

対峙したのは

世界の真理に通じる果てのない森の入り口。

 

忍耐強く繰り返される思考の途上で

大発見にいたる。

 

 

ニュートンはいくつもの道を作ってくれた。

 

 

知の創造

を成し遂げる思考、忍耐、想像。

 

 

想像が創造を生む。