ブログカテゴリ:時間



「時間は存在しない/カルロ・ロヴェッリ」 を読んで、時間について考えてきた。 時間の真の姿の一端をつかんだようにも 迷宮がより深くなったようにも感じられる。 「なぜ昼は昼なのか、夜は夜なのか  時は時なのかを議論するのは、  昼と夜と時間の浪費にすぎないのです」 (ハムレット/シェイクスピア) そう、こんなに時間について思い巡らしても...

ロヴェッリの研究する「ループ量子重力理論」では 世界を記述するのに、時間変数を使わないのだという。 時間のなかで物事がどう展開するか、ではなく 物事が互いに対してどう変化するか、を示す。 つまり、時間という“背景”を用いない。 私たちが観察できるもの、 長さとか 重さとか 色とか 力とか を変数とし、...

過去と、未来。 この区別はどこから来るんだろう。 この世界を記述する基本法則、 古典力学とか電磁気とか重力とか量子力学とか これらの法則の中では、 過去と未来の区別はないのだという。 たとえば ボールが重力によって落ちる。 ボールが跳ね返って上昇する。 位置エネルギーと運動エネルギーの交換は可逆。 唯一の例外は、熱。...

もう1人の天才、アインシュタインは いち早く「同時」の曖昧さに気づいていて 時間は相対的なものであると言って 浦島太郎の竜宮城が この宇宙で実現することを示した。 相対性理論。 時間の流れる速さは、ところによって違う。 動いている人と止まっている人 重い星にいる人と軽い星にいる人 それぞれに流れる時間の速さは違う。...

時間は、本当に不思議。 時間の流れは独立した存在で 確固たる絶対的なもの、 という日常感覚は、どこで作られるんだろう? 物心ついたときには 「時計」が存在していて、標準時が使われていて ロンドンの12時は東京の21時で 時刻は違うけれど ロンドンの12時と東京の21時が 同じ「今」であると思うこの感覚。 エベレストの頂上にいても 地下鉄のホームにいても...

空間の3次元と、時間の1次元を合わせて 4次元時空。 空間と時間が混ざり合うことを看破した アインシュタインの慧眼。 光の速度は有限だから。 情報が伝わるのには必ず時間がかかる。 すぐ近くの距離の場合、 たとえば目の前で風に揺れる葉っぱは、 葉っぱが揺れてから1秒も経たないうちに 「葉っぱが揺れた」という情報は私に伝わる。 葉っぱが揺れてる姿は...

宇宙はあまりに広すぎて、「今」が見えない。 夜空に輝く月。 太陽の光が月で反射してから 地球に届くのに1.28秒かかる。 つまり、私たちに「今」見えているのは 月の1.28秒前の姿。 太陽は8分19秒前の姿で 火星は4分前の姿(接近時) 土星は70分前の姿(接近時) アンドロメダ銀河は約230万年前の姿で かみのけ座銀河団は約3億年前の姿で...

“時空”から考える時間もロマンチックだけど ヒトの感覚でとらえる時間もとてもおもしろい。 子どもにとっての1年と大人にとっての1年は違う。 大人が感じる1年はあっという間。 自分の年齢を分母にして考えるせいだと思っていたけれど どうも違うらしい。 言われてみると、自分の生きてきた時間の長さを 実感としてとらえているかというと 甚だあやしい。...

物理学における最大の謎のひとつ。 物理学の使命は、過去に基づいて、 未来がどうなるか、どう変えられるかを理解すること。 過去、未来、・・・物理学は時間の概念を前提にしている。 時間ってなんだろう? 時間と空間はすごく似ている。 空間が3次元だとして(←本当にそうかな?) 時間を4つ目の次元として扱うと、...